Bonjour ach

お役立ち情報

 

ゴロー先生のお悩み相談室

赤ちゃんの睡眠環境

ママの悩み

風邪が心配! 赤ちゃんの快適な睡眠環境

Q風邪をひかないように暖かくして寝かせているけど、暑がっていないか心配。
赤ちゃんにベストな布団選びやパジャマの着せ方を教えて!
A 朝方は冷え込んで寒いこの時期は、寝心地のよい睡眠環境をつくることが難しいですよね。そんな時はまず、大人と赤ちゃんの体感温度の違いを理解して、布団やパジャマ選びに工夫しましょう。
 人間は、常に一定範囲の体温で生きている恒温動物です。大体、36度くらいの体温を保てるように、暑ければ服を脱いだり汗をかいたりして温度を下げ、寒ければ服を着て体温を逃さないようにしたり、運動や食事をしたりして熱を作ります。しかし、赤ちゃんは自分で脱ぎ着できないので、お母さんが調節してあげる必要があります。この時、ついお母さん自身の感覚で、暑い、寒いを判断しがちですが、ここで注意が必要。赤ちゃんは大人よりも、暑がりで寒がりだということを覚えておいてください。大人と比べて赤ちゃんは体積に対して皮膚の面積が広いため、暑い、寒いに敏感なのです。野菜を煮るときに、細かく切った方が火の通りが早いのと同じ。小さいほど〝熱しやすく、冷めやすい〞というわけです。ですので、寒い時期は大人よりも1枚多く、布団や服を重ねてあげるといいでしょう。
 しかし、寝つく時は心地よい暖かさでも、寝ている間に暑くなり布団をはいでしまうことも。手や足だけ布団からはみ出ていると、体の中心は暖かいのに末端だけ冷えてしまい、体温がちぐはぐになり自律神経が乱れてしまいます。すると、体の抵抗力が下がり、風邪をひきやすくなってしまうなどの悪循環を招きます。
 また、汗をかきすぎて体が冷えてしまうことや、布団をかけすぎて圧迫され、寝苦しくて目が覚めてしまうケースもあります。こうした場合は、布団を重ねて寝苦しそうならパジャマを重ねてあげる、手足がいつも出てしまうようなら、暖房器具で部屋全体を暖めてあげるなどして、快適な睡眠環境を作ってあげましょう。パジャマの素材は、汗の吸水性がよいものを選んであげるのもポイントです。
 住んでいる地域によって、同じ季節でも気温や空気の乾燥に差があります。そのため、赤ちゃ んにとってベストな睡眠環境は各家庭によって異なります。しかし大人と赤ちゃんの体感温度の違いは全国共通。そのことを頭に置いて、家族で工夫を凝らしながら、わが子にとってのベストを導き出してくださいね。

(2016年1月号より)

ゴロー先生の本日のつぶやき

赤ちゃんの寝つきが悪い原因の1つに、暑すぎる、寒すぎるという睡眠環境も考えられます。人間は寒いと交感神経が活発になり、体が緊張状態になります。その逆に、暖かいと副交感神経が働き、体がリラックスします。そのため、寝る時に暖かくしてあげると、赤ちゃんが眠りやすくなる効果もあるんです。おっぱいも飲んだし、おむつも替えたけど寝つきが悪いという時は、まずは、室内の温度を見直してみてはいかがでしょうか?

巷野悟郎(こうの ごろう)

巷野悟郎(こうの ごろう)

小児科医。東京大学医学部卒業。『赤ちゃんが書かせてくれた?小児科医からママへの手紙』(赤ちゃんとママ社)『こころがホッとするn e w育児法』(講談社)『0歳児・1歳児・2歳児のための乳児保育』(光生館)『保育保健の基礎知識』(日本小児医事出版社)など多くの著書を執筆。

バックナンバーはこちら