Bonjour ach

お役立ち情報

 

ゴロー先生のお悩み相談室

突発性発疹

ママの悩み

突然の発熱…これってもしかして、突発性発疹?

Q赤ちゃんが熱っぽくて、体温を測ってみたら、なんと39℃の高熱! なのに、赤ちゃんはニコニコと元気な様子。もしかして風邪かな? それとも別の病気? はじめてのお熱で心配(涙)!
A熱があるのに、赤ちゃんがぐったりしている様子もなく、機嫌がいい時は、「突発性発疹」の疑いありと考えてみてください。これは、生後半年~1歳半くらいまでの赤ちゃんがかかりやすい病気で、特別珍しいことではありません。
この「突発性発疹」は突然、なんの前触れもなく、38~39℃の高熱を起こし、熱が引くと体に発疹が現れるのが特徴。ヘルペスウイルスというものに感染することが原因で起きるのですが、そのウイルスを体内から追い出そうと体温を上昇させるのです。また高熱になると、よく赤ちゃんがブルブルとけいれんを起こしますが、それは「熱性けいれん」といって、体を震わせることで少しでも早く体温を上げようとしている症状。具合が悪化したのかもと、心配になるお母さんもいますが、異常ではないので安心してください。
突発性発疹の場合は、2~3日で高熱がおさまり、その後、体に赤い発疹が出ます。発疹が出ると、親はさらに心配になるかもしれませんが、これは「もうすぐ治るよ」というサイン。発疹は数日で自然に消えていきますし、別の人に発疹がうつることもありません。
さて、ここで覚えておきたいのが、発熱した際の「風邪」と「突発性発疹」の見分け方について。前述したように、赤ちゃんが発熱する以外、いつもと変わらず機嫌がよく、おっぱいもちゃんと飲んで異変がなければ、「突発性発疹」の可能性が高いです。
一方、風邪の場合は、機嫌が悪くなったり、鼻水が出たり、下痢をしたりなど、何かしら症状が現れることが多いもの。赤ちゃんの様子を見ながら、これらを判断基準にしてみてください。
発熱中の家でのケアとしては、薄着にしてあげたり、空調を調節するなどして涼しくしてあげましょう。汗をたくさんかいている時は冷たいタオルでふいてあげると、清潔に保ててあせも予防にもなります。
また、ベビー用のイオン飲料を飲ませてあげて水分補給を心掛けてください。熱が下がったら、お風呂に入れても大丈夫です。4~5日経っても熱が下がらない時や、判断に困った時は小児科医に相談してみてください。
 
(2010年9月号より)

ゴロー先生の本日のつぶやき

突発性発疹は、生後半年~1歳半くらいまでに大抵の赤ちゃんがかかるものですが、なかには、2歳くらいになっても症状が現れないままの赤ちゃんもまれにいます。この場合は不顕性感染といって、高熱や発疹などの症状が出なかっただけで、すでにかかっていて免疫が作られていることがあります。このような時、「うちの子だけ突発性発疹を経験していない」と心配に思う方もいるかもしれませんが、熱も発疹も出ずに免疫ができるなんて一番ラッキーなこと。そう思って安心してよいと思います。

巷野悟郎(こうの ごろう)

巷野悟郎(こうの ごろう)

小児科医。東京大学医学部卒業。『赤ちゃんが書かせてくれた?小児科医からママへの手紙』(赤ちゃんとママ社)『こころがホッとするn e w育児法』(講談社)『0歳児・1歳児・2歳児のための乳児保育』(光生館)『保育保健の基礎知識』(日本小児医事出版社)など多くの著書を執筆。

バックナンバーはこちら