Bonjour ach

お役立ち情報

 

ゴロー先生のお悩み相談室

赤ちゃんの清潔ケア

ママの悩み

赤ちゃんの衛生面が気になる…。どこまで気を付けたらいいの?

Qよく「赤ちゃんは抵抗力が弱い」と聞くので、哺乳びんやおもちゃなど赤ちゃんが口にするものはすべて消毒しています。それでもまだ心配で…。どこまで清潔にすればいい?
A具体的なケアの方法に入る前に、まずは赤ちゃんの「抵抗力」についてお話しましょう。赤ちゃんは、おなかの中にいた時、お母さんの胎盤を通じて病原菌と闘う「抗体」をもらっているので、病気に対して抵抗する力を持っています。しかし、その「抗体」も時間がたつにつれて次第に減少していき、6カ月くらいになると、病気にかかりやすくなります。そこで今度は『母子健康手帳』に書いてある予防接種を受けさせて、病気に対する抗体を作っていくのです。
赤ちゃんとの日常生活では、家族のみんなが身の回りを清潔にして、ばい菌や病原体から、守ってあげるようにします。まずは、毎日赤ちゃんが手にしたり、口にする身近なおもちゃや哺乳びん、調理器具などを清潔にしましょう。消毒液を使うこともありますが、最後は、水道の流水でよく洗い流してください。
赤ちゃんの手も、ぬれたタオルでよくふきとるようにします。特にハイハイができるようになると、行動範囲が広がるので、いろいろな物に触れたり、手に持ったものを口にするようになるので注意が必要です。この時、ウェットティッシュなどに消毒液が含まれていると、汚れが落ちた気がして安心してしまうものですが、よくこすって“ふきとる”ことも忘れないようにしましょう。
赤ちゃんだけではなく、お世話する家族も同様に手を清潔にします。特におむつを取り替えた後の手は、かなり汚れているもの。その手のまま、赤ちゃんを着替えさせたり、抱っこしたりすると、汚れをあちこちに広げてしまうので、おむつを取り替える時は、折々に手をふくようにします。
また、ミルクや母乳をあげる時も注意してください。母乳を飲ませた後、多くのお母さんはブラジャーで覆っているようですが、とくに夜は次の授乳までの間隔が空くので、その間に乳首はかなり汚れていることがあります。おっぱいを飲ませる時は、哺乳びんやママの乳首をぬれタオルなどで、よくふいてからにしましょう。また飲み終わったら、その都度、ぬれたタオルで乳首周りを先端に向かってふきとってください。
最後に、高温多湿でジメジメしている梅雨は、菌が繁殖しやすい季節。食中毒を避けるためにも、まな板などの調理器具や、哺乳びんは、流水でよく洗い流しましょう。この時も、調理の前後には石けんで手を洗うようにします。この時期は、肌も湿っぽくなりやすく、あせもやこすれたところが赤くなったりして肌を傷めやすいので、ぬるま湯で洗い流したり、こまめに肌をふいてあげましょう。赤ちゃんの手や手に触れるものを清潔に保つだけで、ばい菌や病原体の侵入を防ぐことができますよ。

(2013年7月号より)

ゴロー先生の本日のつぶやき

周囲を海で囲まれている日本の夏は、気温が高い上に、湿度が高く蒸し暑い時期です。赤ちゃんは、温度の影響を受けやすいので、夏はとても暑がりです。そして肌も傷みやすいので、そのような時に不潔だと、ばい菌などで化膿させてしまいます。それにはまず涼しくすることと、肌を清潔にすることにつきます。大人が暑ければ、赤ちゃんはもっと暑いとい うことで、その身になって肌を守ってあげましょう。

巷野悟郎(こうの ごろう)

巷野悟郎(こうの ごろう)

小児科医。東京大学医学部卒業。『赤ちゃんが書かせてくれた?小児科医からママへの手紙』(赤ちゃんとママ社)『こころがホッとするn e w育児法』(講談社)『0歳児・1歳児・2歳児のための乳児保育』(光生館)『保育保健の基礎知識』(日本小児医事出版社)など多くの著書を執筆。

バックナンバーはこちら